Skip navigation

アロマテラピー検定というのは、社団法人日本アロマ環境協会が実施している資格試験になります。半年に一回の頻度で開催されており、これまでの累計合格者数は13万人にものぼるといわれています。アロマテラピー検定には一級と二級があり、二級より一級のほうが難しい試験になっています。
Read More »

・芳香浴をする
空気中に香りを漂わせることで、その香りの分子を鼻から吸引することができます。この方法はかなり手軽に行うことができるために、広く用いられています。
Read More »

人体の中にアロマオイルを摂取し、その効果が現れるまでにはいくつかのパターンがあります。
アロマオイルは有機化合物の集合体でもありますので、その中の小さな分子が香りとして伝わっていることになります。
その香りという小さな分子の状態で、人体に摂取されるということももちろんあります。

その過程の経路としては、鼻から脳へと入っていき、視床下部へと到達するというものがあります。
香りは電気信号に変換されることになり、脳から視床下部へと伝達されます。

また、鼻や口から体内に入っていき、そこから血管へ到達する経路もあります。
肺にまで一旦入ることで、そこから血管に混じり全身の至るところへと運ばれていくことになります。

最後に、皮膚から吸収され、血液へ伝わり、リンパへと伝わる経路があります。
香りの分子は非常に小さなものですので、それが皮膚から体内に取り込まれるということもあります。そのまま血管へと到達することで、血液とともに全身をまわることになるのです。

人間の体調というものは、様々な要素の複雑なバランスによって決定されています。
体温や呼吸、血圧や酸素など、それ以外にも体調に影響をしている要素は考えることができるでしょう。そして、そういった様々な要素を一定にするための働きを持っているものが、ホメオスタシスというものになります。
アロマオイルは、このホメオスタシスの働きを助けることができるという効果を持っているのです。ですから、体の免疫力を高めるためにも、アロマオイルを使うことは十分に効果的であるということなのです。生活の中にうまくアロマオイルを取り入れていくことができれば、それだけ体のバランスを調整することができるようになるでしょう。

人間の体調というものは、様々な要素の複雑なバランスによって決定されています。
体温や呼吸、血圧や酸素など、それ以外にも体調に影響をしている要素は考えることができるでしょう。そして、そういった様々な要素を一定にするための働きを持っているものが、ホメオスタシスというものになります。
アロマオイルは、このホメオスタシスの働きを助けることができるという効果を持っているのです。ですから、体の免疫力を高めるためにも、アロマオイルを使うことは十分に効果的であるということなのです。生活の中にうまくアロマオイルを取り入れていくことができれば、それだけ体のバランスを調整することができるようになるでしょう。

人間はストレスを溜めすぎてしまうと、体自体にも悪影響になってしまうことがあります。
Read More »

植物のエッセンシャルオイルに関しては、ハーブの各部位から抽出することが可能になるものです。葉、枝、花、根、果実、種子、果皮などから、エッセンシャルオイルは抽出することができます。
芳香植物には、エッセンスが蓄積していますが、これは脂腺を持つ植物のみになります。脂線を持っている植物はそれだけ多くのエッセンシャルオイルを有しています。しかし、脂腺を持たない植物はエッセンシャルオイル自体が珍しいものになります。
ローズのエッセンシャルオイルもこの一種になりますが、一滴を抽出するために、約50本分ものバラの花びらが必要になるとされています。それだけ、多くエッセンシャルオイルを抽出できるものに比べて、高価なオイルということになります。
エッセンシャルオイルは全てが天然の化学物質です。人体にとっても、人工のものではなく天然ものであるということが、優しく作用をしてくれているのですね。

芳香植物の種類が非常に豊富であることから、エッセンシャルオイルの種類も相当な多数になります。ですから、その中で効果が似ているというものもあると考えられるでしょう。そこで、どのようなオイルを使うべきなのかということに悩むこともあるかもしれません。エッセンシャルオイルを選ぶ際には、自分が最も使いやすいと感じられるものを選ぶようにしましょう。香りが同じものだとしても、人によっては好き嫌いが分かれることになりますよね。

香りの感じ方には、そのときによっても微妙に変化するときがあります。ですから、総合的に好きだと思えるような香りを選択するということが最も大切なのです。エッセンシャルオイルの中には、香りだけでなく様々な効果を持っているものがあります。例えば頭痛を改善することが出来るものなど、それぞれの効果にあわせてオイルを選んでみてください。

アロマテラピーというのは、植物の力を人体に役立てるということになります。植物の力による自然療法がこれにあたります。植物の香りでリラックスすることもあると思いますが、そういった効果を得ることが出来るというのも、アロマテラピーの一種なのです。
アロマという言葉には、芳香という意味があり、テラピーは療法を意味しています。その二つが組み合わさったアロマテラピーは、人間の持つ自然治癒力をさらに高めるために有効なものなのです。これは、20世紀のフランスが発祥の地なのですが、植物からエッセンシャルオイルを抽出することで、アロマテラピーを行うことができるようになります。
アロマテラピーをすることで、体を十分にリラックスさせることができるようになります。これは薬物を使用しているということではなく、植物という自然な力を利用しているということになります。人間は、これまでにも植物の力を有効利用してきたのですし、その効果は歴史が実証しているともいえます。

人間は、かなり以前からハーブの力を有効利用してきました。薬草によってキズを治療すること、森林浴をすること、これもすべて植物の力を使っているということになります。つまり、ハーブを使うことと目的は通じていることになりますよね。アロマテラピーによって、毎日のストレスを癒しリフレッシュすることもできるようになるでしょう。